革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

バイオ トライボロジー 驚異の仙腸関節矯正

 構造医学にであったのは、もう何年前だろう。


 この医学との出会いは、驚きの連続であった。この医学で、最も重要な理論がバイオ・トライボロジーである。この理論の話になると、
もう、カイロプラクターや療術師たちから、本当に相手にされなくなった。


 なにせ、ハイポ・モビリティーにさせることこそ可動性の再獲得につながるというんですから。


 関節運動学的アプローチの連中からすると、「いったい、何をしとんじゃ、おのれ!気でも狂ってんのか?」ということか。


 ふつう、この関節の矯正を他のテクニックが行うと、離開(関節の引き離し)やスラスト(瞬間的な力をかける)をするのだが、構造医学はそうではなく、この関節面に静かに押圧を加えていく。
圧を加えることによって、離開した関節面が圧着され、それによって可動制限が解消されるとするからだ。


 これを読まれている専門家も多数いるらしいですから、「ヘケッ」と思うでしょうが、これは正しい。いや、本当に。


 もし、仙腸関節の可動性減少が関節包内運動制限に端を発するなら、なぜ、腰痛で身体が動かせないとき、骨盤ベルトをすることで動けるようになるのですか。
この疑問には答えられないでしょう。わざわざ、ハイポモビリティー(関節可動域制限)にさせておきながら、それで逆に動けるなんて、説明がつかんでしょう。


 整膜療法:FOAを創始するまで、本当に打ち込みましたよ。


 しかし、この医学も、僕が本当に求める真の問いに答えられないのですよ。


 ヒトはどうやって、2足歩行から4足歩行になったのか。その真のプロセスに・・・・。


 これに答えるためには、個体発生は系統発生を繰り返すという、ヘッケルの反復説の真の理解が必要なのです。


 そして、赤ちゃんの運動発達。この中に答えがあったのですね。


 しかし、構造医学の仙腸関節矯正はすばらしいです。いまも使わさせていただいています。この構造医学に、最新の筋生理学をちょっと調味料として、アレンジさせていただいております。


 吉田観持先生!尊敬しております。ますますのご発展を心よりお祈りいたしております。すべての手技療法家が、この優れた理論を正確に理解する日が来ることを、夢見ております。万歳!


[PR]
by gokurakudo66 | 2005-09-23 21:53 | 日記
<< お久しゅうございます。 怒濤の講習会週間・真っ最中です。 >>



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧