革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

骨盤帯ジャイロスコープテクニック=完成

骨盤帯ジャイロスコープとは、骨盤帯の重力場での姿勢維持機構のことをいう。
最初にこの機構を提唱したときには、骨盤帯を構成する筋肉群にスポットを当てたのだが、今回、骨盤帯を構成する靱帯について考察を試みた。
この骨盤帯ジャイロスコープに新たな視点が追加されたのは、神経系モビリゼーション・特に座骨神経に対するアプローチを試みるようになってからだ。
座骨神経は、第4腰髄から第3仙髄の椎間孔からでる神経が骨盤内で仙骨神経叢をつくり、それが座骨三角でまた一つになって座骨神経となる。
このとき、仙棘靱帯を通過してくるのだが、この座骨神経の通過障害が起こると、しびれや痛みを伴った下肢痛が起こる。
これを矯正するためには、座骨神経自体を引き伸ばし、神経の柔軟性を取り戻させる事が必要になる。
この矯正を繰り返すうちに、重要なことに気づいたのです。
やはり、仙棘靱帯・仙結節靱帯などの靱帯の緊張がとれない限り、この通過障害は解消できないのです。
やはり、骨盤帯ジャイロスコープと仙骨の重力場での運動性回復以外に、この下肢痛の緩解はないのだと。
で、骨盤帯ジャイロスコープテクニックが完成したのです。
で、この矯正は、新生児の運動発達では、足つかみになるんです。
あの足つかみは、座骨神経を引き伸ばし、骨盤帯の靱帯筋肉群を伸ばしているのですね。
本当に、すべてプログラミングされているのですね。
すごいね。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-09-20 16:05 | 腰痛解消
<< 健康はしなやかな背骨から シグルイ 療術道 再び! >>



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧