革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

原怒3 バルーン フォカシング1

原怒シリーズ3

バルーン・フォーカシング

バルーン・フォーカシングとは、怒りを簡単に手放してしまう方法です。

実際のやり方については後ほど。

まず、フォーカシングの説明から。

フォーカシングとは、ユージン・ジェンドリンが開発した、セルフヘルプ(自己援助)の方法です。

「どんな感情も、自分のものとして認める。」
「どんな感情も、自分の大切な一部として認める」
というこを技法化した方法です。
ですが、この技法は、欧米化しすぎていて、日本人である僕たちには、なかなか難しいものです。

だいたい、感情を擬人化して、その感情に呼びかけることが、僕たち日本人にできるでしょうか。

それはこんな具合。

「怒りさん、こんにちは、君がそこにいることは、僕はずっと前から知っているよ。君は、~を許せないんだね。わかるよ。僕は君を認めるよ。」

なんか書いてるうちに、恥ずかしいんですけど。
面倒なんですけど、みたいな。

で、こういう技法は、イメージ力が非常に重要になるのです。
脳内でイメージしたことが、現実を超えれば、それが現実になるからです。

つまり、映画を見るとします。たとえば、クリフハンガーの冒頭のシーン。

宙づりになった男を助けようとして、崖と崖とに渡したロープにスターローンがぶら下がって、男の手を握りしめています。
下をのぞくと、目もくらむような高さ。手を離せば、間違いなく即死。
そのとき、無情にも男の手がスターローンの手から離れて崖を落ちていく。

このシーンを見ると、手に汗を握るのですが、これは、映画という仮想現実が現実を上回ったから起こる現象です。

また、あるテレビ番組で、グランツーリスモというゲームソフトの開発者が、ラリーカーに乗ってラリーコースをドリフトをきかせてかなりのスピードで走ったのですが、ラリーカーに乗ったのも、コースを実際に走ったのも初めて。

その開発者が車から降りてなんといったかというと、「ゲームと同じ」

ゲームの仮想空間が、現実を上回ったからこのようなことが起きるのです。

ですから、このような心理療法を行うときには、仮想空間が現実を上回っていなければなりません。

その方法が、バルーン・フォーカシングなのです。

しつこく続く・・・・・・



腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト

美しくなりたい女性必見”!FOA名古屋駅前本部 女性スタッフブログ!
[PR]
by gokurakudo66 | 2008-10-03 18:42 | バルーン フォーカシング
<< 原怒シリーズ 4 バルーン フ... ああ、小学2年生。 >>



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧