革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

カテゴリ:未分類( 2 )

本物の身体矯正理論と技術、FOAについて

雑誌の取材を受けたから、という

わけではないんですが、日本全国

巷に溢れている身体矯正の理論には、

本物もあればニセモノもあると僕は思っています。



しかし同時に、他の存在を否定したり、非難したりする

わけではなく、自分達は”究極の本物であり続けること”

それが僕の変わらない信念であり目標です。


FOAは他に類のない、最新の身体施術理論です。



本物であり、効果を自分がわかっているから

また来院された患者様に確かな実感を残せるから

日本全国から毎日訪れる皆さんに、自信を持って施術

できるのだと思ってます。



施術技術のレベルが低いか高いかは、実は施術者自身が

一番良くわかるんですよ。(これはある意味シビアな現実です。。)



だって、毎日患者さんの身体の反応を見ているからです。

単純に、施術後の表情を見るだけで、まったく明らかなんですね。



施術する側も、自分の技術のレベルはすぐにわかるんです。

患者さんが良くなっていなければ、それは目の前にある

冷徹な現実ですから。



だから、施術の技術レベルが低いと、その施術者は

「難しい患者さんが来ないように・・・」と毎日祈りながら

仕事をしなければいけないようになります。



名古屋駅前、あるいは春日井のアポロヒーリングセンターに

来てみて下さい。



スタッフの自信の笑顔が、この技術の優秀さを証明していますから。


日本全国、本当にいろんな地域からご来院頂いていますし、

うれしいことに、定期的に新幹線で通って頂いている方も多数います。



だから施術は毎日が真剣勝負です!
[PR]
by gokurakudo66 | 2008-12-20 11:39

FOAを学問へ

 ようやっと、脱稿後遺症から解放されつつある。

 今年、半年ほどかけてFOAの本を書いたのだが、このときの脱力感・虚脱感がずーっと続き、論文作成も、来期の講習会に向けてのテキスト作成もする気が起きずに、このブログも含めて放りぱなしだったのだが、この何にも書かん症候群から抜け出せそうだ。

 この脱出のきっかけが、先週の日曜日(12月4日)の全国療術師協会東海ブロック学術講習会に参加したことだ。

 この講習会に講師として登壇されたのが、東京歯科大学衛生学講座 中川昭二先生である。 先生のオークルザル・パワーゾーンの講演と、その優れた論文に触れたことによって、「よっし、やったるわい!」という気が満ちてきたのだ。

 そう、学問にしなければならない。FOAを、ただの矯正手法にとどめるのではなく、これを誰にでもでき、また、探求できる場を作らなければならないのだ。つまり、それが学問・科学的手法の確立なのだ。

 科学的手法とは、つまるところ再現性にある。だれがやっても、同じような結果になることが重要なのだ。この方法論を、今模索中なのだ。

 幸いにも、今、医師と交流する機会があり、これのためにお知恵をお借りしようと考えている。
 そのためにも、データーの収集と論文の作成が急務なのだ。

 あー、書きたくなってきたな。美しくも薫り高い論文が。
 そう、優れた論文からは、かぐわしき香りがするのです。
[PR]
by gokurakudo66 | 2005-12-06 16:34



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31