革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

カテゴリ:腰痛解消( 29 )

健康はしなやかな背骨から

月間チャージの最新号の神足さんの記事に、開高健の記述が出てくる。
「仕事に追われて、背中が鉄板のようになって、60で死ぬ。」
脊柱動物にとって、もっとも大切な器官は脊柱です。脊柱は、脳脊髄を保護するだけではなく、すべての運動の支点ともなる。
僕はよく、生命の座・腸、運動の座・脊柱というのだが、しなやかな脊柱こそ、腰痛や肩こりのない生活を送るためには欠かせないものなのです。
この、しなやかな脊柱を作り出すプロセスこそ、ヒト化プロセスなのです。つまり、幼児の運動発達なのですね。
いままで、脊柱の柔軟性を取り戻させようといろいろやってきたのですが、このヒト化プロセスを考案するまでは、それはもう失敗の連続でした。でも、ヒト化プロセスを施した後に脊柱の矯正をすると、簡単に背骨のこりがとれるのですよ。
しなやかな脊柱、ほんとに大切ですね。
という僕も、今、背骨がこっています。柔らか背骨体操をよくやって寝ましょう。
 
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-10-01 22:38 | 腰痛解消

骨盤帯ジャイロスコープテクニック=完成

骨盤帯ジャイロスコープとは、骨盤帯の重力場での姿勢維持機構のことをいう。
最初にこの機構を提唱したときには、骨盤帯を構成する筋肉群にスポットを当てたのだが、今回、骨盤帯を構成する靱帯について考察を試みた。
この骨盤帯ジャイロスコープに新たな視点が追加されたのは、神経系モビリゼーション・特に座骨神経に対するアプローチを試みるようになってからだ。
座骨神経は、第4腰髄から第3仙髄の椎間孔からでる神経が骨盤内で仙骨神経叢をつくり、それが座骨三角でまた一つになって座骨神経となる。
このとき、仙棘靱帯を通過してくるのだが、この座骨神経の通過障害が起こると、しびれや痛みを伴った下肢痛が起こる。
これを矯正するためには、座骨神経自体を引き伸ばし、神経の柔軟性を取り戻させる事が必要になる。
この矯正を繰り返すうちに、重要なことに気づいたのです。
やはり、仙棘靱帯・仙結節靱帯などの靱帯の緊張がとれない限り、この通過障害は解消できないのです。
やはり、骨盤帯ジャイロスコープと仙骨の重力場での運動性回復以外に、この下肢痛の緩解はないのだと。
で、骨盤帯ジャイロスコープテクニックが完成したのです。
で、この矯正は、新生児の運動発達では、足つかみになるんです。
あの足つかみは、座骨神経を引き伸ばし、骨盤帯の靱帯筋肉群を伸ばしているのですね。
本当に、すべてプログラミングされているのですね。
すごいね。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-09-20 16:05 | 腰痛解消

操体法と膝かがみ

操体法。仙台の橋本敬三先生が創始された、非常に有名な矯正手法です。
この矯正手法は、今や、大きな広がりを持っていますが。僕は、古式操体とでも呼べる、直系の操体法を受け継いだ・故渡辺栄三に師事いたしました。
渡部先生。いい先生でした。
習い始めて、3ヶ月もしなにのに「君は操体法の真髄を会得した。どこに出しても恥ずかしくないよ」といわれたときは、びっくりするとともに、うれしかったことが、つい、昨日のように思い出せます。
で、この操体で非常に重要視しているのが「膝かがみの圧痛点」です。
この正体が、つい最近までよくわからなかったのですが、ようやっと解明できました。
それは、頸骨神経上にできたCDです。
このCDを解消すると、座骨神経痛様の痛みを感じている方は、瞬間に歩ける、いいえ、走れたりするのです。びっくりです。
座骨神経の矯正手法が決まりそうです。
今、神経に夢中です。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-08-01 14:22 | 腰痛解消

ほ乳類・ヒトの弱点 腹

 ヒトはほ乳類です。ほ乳類の尿は両生類と同じで、尿素を体外に排出するのですが、は虫類と鳥類は尿素ではなく尿酸なんですね。このことから、重力対応進化論からすると、ほ乳類の進化は両生類クラスで止まっているんですね。
 は虫類と鳥類の体構造と、ほ乳類のそれとを比べると、は虫類鳥類にはなくって、ほ乳類にはあるものがあるんですが、なんだと思います?
 それは、腹です。
 は虫類や鳥類には腹はないんです。肋骨が骨盤までズラーと並んでいるんですね。胸の下が尻。これに対して、ほ乳類は肋骨が終わると腰椎と呼ばれる腰骨になって、骨盤になるんです。この腰骨に肋骨はついていません。肋骨突起という突起はありますが、肋骨自体は消失しているんです。これは、横隔膜があるからなんですね。ちなみに、は虫類や鳥類には横隔膜がありません。
 ほ乳類の胸は鳥かごのように内臓を包み、腹は骨一本で支えているんです。
 このような体構造になってしまったため、前屈・側屈・後屈・回旋などの運動ができるようになり、運動性能が飛躍的に伸び、この地球上で大繁殖することに成功したのです。
 たとえば、今、海棲は虫類は亀ぐらいですが、海棲ほ乳類はもうたくさんいますよね。白亜紀やジュラ紀といった恐竜が活躍した世界には、数多くの海棲は虫類がいたんですが、それらのすべてが絶滅したのは、ほ乳類の海への進出が原因でしょう。は虫類は、側屈しかできないため、絶対的なスピードが遅かったのでしょう。これに比べてほ乳類は、ドルフィンキックができますからスピードはでるし、深く潜れるしで、彼らの食べ物をすぐ奪い取ったのでしょう。
 腹があればこそ運動性能が向上したのですが、僕らヒトでは、この腹がネックになるんですよ。
 肋骨が腹からなくなっちゃったから、直立して立つヒトの場合、腹と腰がくっつくんです。
 腸腰筋と腸肋筋がくっついちゃうんです。これで腰が伸びなくなるんですね。これを、カイロプラクティックのSOTでは、クレストサインというんです。
 このクレストサインの取り方が難しかったんですが、簡単にできるようになりました。
 腹と腰を引きはがすと、本当に代謝が向上し、なんと簡単にやせてくるんです。
 これで僕は、たった2週間で3キロもやせちゃいました。
 腰痛が解消して、なんとやせちゃう。いいですね。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-06-29 13:26 | 腰痛解消

足つかみを軽く見ていました。すまん!

新生児の運動発達を順番に見ていくと、
1,吸啜
2,対称性頚反射
3,ランドー反応
4,足つかみ
5,寝返り
6,腹ばい
7,四つばい
8,高ばい
9,つかまり立ち
10,割座
11,2足方向
という順番なのだが、FOAでは、ランドー反応を最重要視していたのです。
なぜなら、4足歩行から2足歩行への変化は、屈筋優位性から伸筋優位性への完全なる移行があって初めて行われるからです。
そんで足つかみを軽視していたのです。
間違いでした。
足つかみの本当の理由を間違っていたのです。
足つかみとは、仙骨の可動性を向上させ、かつ、多烈筋・最長筋・腸肋筋の伸展だったのです。
これができて、スムーズに屈筋優位性から神筋優位性に移行できるのです。
いやー、ヒトの運動発達は、奥が深いですね。
足つかみ。これはよく利きますよ。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-05-28 21:37 | 腰痛解消

打倒!ティラピス! ボディーワークを考案中!

最近、ヨガやティラピスなどのボディーワークがブームになっているようだ。
「なっているようだ」というのは、我が家にはテレビがなく、1年間でテレビを見る機会が1分もないので世の中何がどうなっているのかもわからないからだ。
また、新聞も日経流通以外読まないので、まるっきり世間に疎い。
そんな僕でも、週に1度は本屋に立ち寄るので、だいたいの世の中の流れがわかる。その限られた情報を元に判断すると、ティラピスというボディーワークが話題のようだ。
なんと、僕の大好きな渡辺まりな様がやっておられるのではないですか。
ちなみに、僕の友達に「おにゃん子クラブ」№6の樹原あきがいるのだが、彼女に土下座して頼んだのが「渡辺まりな様に会わせて!」だった。もちろん答えは「ボケかおんどりゃぁー」だった。
で、買いましたよ。ティラピス!
うん、いいですよ。
新生児の運動発達で、もっとも重要な運動が、ランドー反応と割座なのですが、それもちゃんと入っています。また、足つかみも入っているね。
でも、ヒトがどのようにして4足歩行から2足歩行に移行したのか、その進化の概要がしっかりとしていないと、本当のボディーワークとして機能しないと思うのですよ。
それで、今作っています。究極のボディーワークを!
テーマは、再誕!
母胎回帰から始まって、2足歩行の完成で終わるボディーワーク。物語としても機能するものを。
近々完成予定です。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-05-28 21:13 | 腰痛解消

仙骨部における姿勢安定化機構 パート2

 このように、他の動物の運動をまねられるということは、それだけ、運動能力に優れている=もっとも進化した動物であるということである。

 これを、コンピュータにたとえるとわかりやすいかもしれない。つまり、ウィンドウズXPを搭載しているコンピュータは、95や98・Me・2000で動作するソフトなら、すべて使える。それは、XPが正しくウィンドウズの進化系統上を歩んできたからに他ならない。
 脊椎動物の運動形態なら、最終形態は2足歩行か飛行になるのだろう。とすると、ほ乳類の最終進化形はヒトであり、両生類・は虫類の最終進化形は鳥ということになるのだろう。

 このように、自由度の高い運動能力を持つからこそ、その運動の原点をおろそかにしやすいのだ。
 では、脊椎動物の運動形態としての原点とは何だろう。
 それは、側屈をともなったねじれ運動ということになる。
 これが、陸棲動物になって前屈・側屈・左右回旋が可能になり、直立2足歩行を行うヒトにおいては後屈が可能になったのだ。つまり、陸棲動物の運動形態の基本は、前屈・側屈となる。この前屈・側屈をうまく行えることが運動の基本なのだ。

つづく
[PR]
by gokurakudo66 | 2005-12-07 19:12 | 腰痛解消

仙骨部における姿勢安定化機構 パート1

 ヒトは脊椎動物である。
 こういうことを書くと、かたくなに否定する方がいらっしゃる。
 あの、形態学的な話になりますから。
 生物学的分類では、ヒトは脊椎動物であり、ほ乳類なのです。
 腰痛や肩こりにしても、ここを抜きにしては、その本質が見えてこないのです。
 えっと、脊椎動物ですが、この起源はピカイアという動物に求めることができます。
 このピカイア、愛知県の三河大島に生息しています。名前をナメクジウオというのですが。
 このナメクジウオが進化したのがヒトであり、ヒトはすべての(鳥類を除く)脊椎動物の頂点に立っています。
 頂点に立っているといえるのは何を持ってして言うのかというと、運動形態についてなのです。
 ヒトは、鳥類を除くほぼすべての脊椎動物の動きを模倣することができます。
 つまり、猿まねができるのです。
 今度公開されるキングコングなんか、見事な猿まねですよ。アンディー サーキスという役者の猿まねですが・・・
 こんな風に猿まねできるのは、ヒトだけです。猿にヒトのまねはできませんから。

つづく・・・・・
 
[PR]
by gokurakudo66 | 2005-12-06 21:43 | 腰痛解消

腰痛は機能的疾患

病気には、器質的疾患と機能的疾患(機能異常)の2つがあります。



器質的疾患とは、ある臓器や構造体が壊れてしまった病気です。骨折とか、脱臼とか、肝硬変とか、脳卒中とか、肺炎とか・・・・



西洋医学が、なぜここまで隆盛を極めてきたかというと、この器質的疾患を非常に良く治すことができる医療だからです。これに対する処置のことを、特異的治療といいます。簡単に言うと、壊れているところを最新の検査器具によって特定し、それを治す。だから、検査装置の発達が西洋医学の進歩を促したのです。



もう一方の、機能疾患とは何かというと、別に取り立てておかしくはなっていないのだが、調子が悪い状態のことを言います。器質疾患にまで及んでいないのだが、上手く働かない状態です。このような状態では、どのような優れた検査装置を持ってしても異常がはっきりと現れません。当たり前です、壊れていないのですから。


この機能疾患に関して言うと、西洋医学はもろい。もう、ほとんど打つ手なしです。


なぜ、打つ手なしなのか。「それは、人間とは、そも、なんぞや。」に答えていないからです。



僕の解剖学の先生は、世界ではじめて生体からリンパ液を採集することに成功した方でした。その方は、健康をこう定義されていました。


「健康とは、平均値であり、苦がないこと。」「苦がなければ、健康を害したことにならない。」



僕は唖然としました。ここには、人が生きる定義がない。予防医学が存在し得ない。まぁ、西洋医学とは、なんと穴だらけなのだろうかと。



これとは逆に、東洋医学は、人の成り立ち、臓器の成り立ちを5つのエレメント・木・火・土・金・水に分け、その相性と相克をみながら、総合的に判断していきます。だから、機能疾患には強いのです。


さて、腰痛ですが、これは最近、機能疾患であると定義されはじめたようです。


次回へ・・・・・


[PR]
by gokurakudo66 | 2005-02-17 21:57 | 腰痛解消



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧