革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

著書執筆中

最近、このブログの更新が滞りがちです。すいません。えっと、本を書いているんです。そして、手技療法では権威ある雑誌・
マニュアルセラピーに投稿する論文を書いているんです。これがもう、骨が折れるんです。医学論文を書く場合、
その記述が科学的整合性を持ち合わせていなくてはならないため、何度も何度も熟考し、再考し、反芻しなければならないので、
頭の中はパンクしそうです。また、僕は、やった・利いた・治った式の考え方(症例主義)ではなく、
錯綜する現象の背後に潜む通暁する真理の解明が真の目的なので、「なぜ、そうなのか。」自分でボケとツッコミを際限なく繰り返すことになり、
このおかげで白髪が増えそうです。


最近、遠方から見える方がちらほらといらっしゃいます。ありがたいことです。僕は、できる限り一発屋(一発で痛みを消す)
になりたいので、誠心誠意お体をみさせていただくのですが、やはり、その方の症状の程度によって、一発屋が難しいことが多々あります。また、
ドーゼ(刺激量)がどうしても多くなり、その反作用が強くではしないかと心配です。


最初の1ヶ月は、週に1度、2ヶ月目からは月に2度、3ヶ月目は月に1度というのが、
僕のところに通ってきてくださってくれるメンバーの基本的な通院の仕方なのです。この間に、
矯正後の身体的変化と発痛部位の変化などを細かくお聞きし、それに応じた矯正を行うことが理想なんです。ですから、
紹介で見えた方のほぼ9割が再来院され、その方々の10割が回数券をお求めくださり、
じっくりとその方に起こった痛みにたいして一緒に戦っていけるのです。また、僕のお客様は、非常に真摯な方が多く、「全然利いてないよ。」
「まだ痛む」など、本当のことをいってくれるので、それが僕の実力を結果的に押し上げることにもなり、また、
本当に利く療法の見極めにもつながるのです。ですから、できれば一度ですべてを判断することなく、
できる範囲で通ってきてくださることをお願いいたします。本当に、毎日、今日した矯正のことが気になって仕方がないんですから。
名前は忘れてしまうことがあるかもしれませんが、その方の身体をみたら、たとえ何年前でも、
たちどころに前回どうやったのか思い出せるくらい、頭の中に患者様に施した矯正の有様をたたき込んでいるんですから。


ですから、ドロップアウトする場合、一言声をお聞かせください。どんな意見でも結構ですので。


[PR]
by gokurakudo66 | 2005-04-10 22:35 | 日記



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧