革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ほ乳類・ヒトの弱点 腹

 ヒトはほ乳類です。ほ乳類の尿は両生類と同じで、尿素を体外に排出するのですが、は虫類と鳥類は尿素ではなく尿酸なんですね。このことから、重力対応進化論からすると、ほ乳類の進化は両生類クラスで止まっているんですね。
 は虫類と鳥類の体構造と、ほ乳類のそれとを比べると、は虫類鳥類にはなくって、ほ乳類にはあるものがあるんですが、なんだと思います?
 それは、腹です。
 は虫類や鳥類には腹はないんです。肋骨が骨盤までズラーと並んでいるんですね。胸の下が尻。これに対して、ほ乳類は肋骨が終わると腰椎と呼ばれる腰骨になって、骨盤になるんです。この腰骨に肋骨はついていません。肋骨突起という突起はありますが、肋骨自体は消失しているんです。これは、横隔膜があるからなんですね。ちなみに、は虫類や鳥類には横隔膜がありません。
 ほ乳類の胸は鳥かごのように内臓を包み、腹は骨一本で支えているんです。
 このような体構造になってしまったため、前屈・側屈・後屈・回旋などの運動ができるようになり、運動性能が飛躍的に伸び、この地球上で大繁殖することに成功したのです。
 たとえば、今、海棲は虫類は亀ぐらいですが、海棲ほ乳類はもうたくさんいますよね。白亜紀やジュラ紀といった恐竜が活躍した世界には、数多くの海棲は虫類がいたんですが、それらのすべてが絶滅したのは、ほ乳類の海への進出が原因でしょう。は虫類は、側屈しかできないため、絶対的なスピードが遅かったのでしょう。これに比べてほ乳類は、ドルフィンキックができますからスピードはでるし、深く潜れるしで、彼らの食べ物をすぐ奪い取ったのでしょう。
 腹があればこそ運動性能が向上したのですが、僕らヒトでは、この腹がネックになるんですよ。
 肋骨が腹からなくなっちゃったから、直立して立つヒトの場合、腹と腰がくっつくんです。
 腸腰筋と腸肋筋がくっついちゃうんです。これで腰が伸びなくなるんですね。これを、カイロプラクティックのSOTでは、クレストサインというんです。
 このクレストサインの取り方が難しかったんですが、簡単にできるようになりました。
 腹と腰を引きはがすと、本当に代謝が向上し、なんと簡単にやせてくるんです。
 これで僕は、たった2週間で3キロもやせちゃいました。
 腰痛が解消して、なんとやせちゃう。いいですね。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-06-29 13:26 | 腰痛解消

畜産に学べ!

 最近畜産関係の資料を読みまくっています。
 療術師と畜産?
 えっと、痛いところって、必ず硬くなっているんですよね。その硬いところを押すとすんごく痛いんです。これが、トリガーポイントなんですが、このトリガーポイントの正体がわからないんですね。
 辻井先生は、筋肉の芯にできた浮腫(むくみ)であろうといわれているのですが、果たしてそうなのか。
 でも、硬いところがトリガーポイント。では、なぜ肉が硬くなるのか。また、肉が硬くなる原因は何なのか。これを知るのに、畜産ですよ。
 肉の柔らかさが価格に一番跳ね返るのが畜産ですから。
 松阪牛と、オーストラリアの国内消費向けの肉の固さを比べると、これはもうお話にならないですね。松阪の辻井先生の懇親会に出席させていただいて食した松阪牛の美味さが忘れられません。また、オーストラリアを自転車で縦断したときに食べた、本当によく食べた、オーストラリア牛の肉の固さ、もう食べたくないです。
 この肉の固さ、いったいなにが違うのか。それはもう結論が出ているのです。コラーゲンの質にあるんです。
 コラーゲンが硬いと肉が硬い。コラーゲンの架橋結合で肉が硬くなるんですね。
 つまり、トリガーポイントは、コラーゲンの架橋結合の結果起こると予測がたつんです。
 で、実験。
 オーケーです。
 やはり、CDでした。コラーゲン・ディスファンクション。コラーゲンの質的変調。これが、トリガーポイントの原因だったのです。
 でも、本当にヒトの身体って、硬いものなのですね。食えませんね。ため息。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-06-22 21:25 | 日記

季節ごとの矯正手法

久しぶりに更新します。
よく、クラインアントの方々から、また方法が変わったの。といわれますが、方法は一つです。
ヒト化プロセス。これだけです。
えっと、春から夏に向けてのヒトの身体と、秋から冬に向けてのヒトの身体って、大きく違うのですよ。
東洋医学とか訳のわからない医療の話ではありません。
コラーゲンの質的変化の話なのです。
秋から冬にかけて、気温はどんどん下がりますね。それに伴って、結合組織の柔軟性が失われ、その結果、関節の離開がしやすくなるのです。ですから、圧倒的にぎっくり腰が多くなる。
うちのスタッフで、ぎっくり腰常習者がいる(いた)のですが、このぎっくり腰は冬ばかりなのです。
これに対して、春から夏に向けて増えてくるのが、いわゆる筋繊維痛症候群。じっとしていてもじーんと痛む痛みなのですよ。これは、僕の持病でもあります。
僕の首が回らなくなるのは、決まって夏なんです。
春から夏にかけて、気温が上がってきますね。そうすると、身体はゆるんで伸長しやすくなります。ですが、この筋繊維に何らかの障害が生じて、伸長を妨げるとどうなるのか。
それは痛みになるのですね。息苦しくなるんです。
で、矯正手法変えているんです。
名付けて、パームテクニック。
ヒトも生き物なら、その人を矯正する手法も生き物なのです。
[PR]
by gokurakudo66 | 2006-06-20 22:53 | 日記



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧