革新技術FOA プロ治療家を育成指導するカリスマのヘルニア腰痛最新 技術!日本全国からの来院者様多数!

生きる力 すごいです。

今日いらっしゃった、78歳のHさん。
最初に来院されたとき、杖をついて背骨が曲がっていました。
足がしびれていたくって、歩けないということで来院されたのですが、
今日、3回目。
矯正は原則週1回だから、初回から3週間後の今日、背骨はまっすぐ。
足の痛みも取れて、しびれもない。

劇的な快復力です。

いやぁー、すごいね、生きる力。

生きる力をまざまざと見せられて、感動して、でも、僕たちにありがとうとお金をくれて・・・・・

あの-、療術って、本当にいい商いです。

飽きませんから。

これもすべて、ヒト化プロセスのおかげです。

本当に、ヒトって歩くようにプログラムされているのですよ。

すごいね、ヒトって・・・・


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-05-22 00:40 | 日記

カイロ講習会

 昨日と今日、現役カイロプラクターのヒトのための講習会だったです。総勢十数名・・・・

いやぁー、緊張の連続だったです。

なにせ、向こうは、従業員50人以上をかかえて、病院を建設しようというヒトをはじめとして、現役ばりばりのヒトばかり。

あのー、僕、この業界に入って、15年ものの、新参者なのですが・・・・・

しかし、みんな、このFOA(Fascial Orthotic Approach)を認めてくれって、浦田先生、ありがとうございましたって・・・・・・

弟子にさしてくださいというヒトもでて・・・・・・

乳幼児の運動発達に目をつけたことがやはり正解だったのかと・・・・・

講習会の時は、出し惜しみしません。

その先生たちの背後には、その先生たちが見なければいけない患者様がいらっしゃるのです。

その方々が、「生きるっていうことは素晴らしい」「生きていてよかった」

と思えるように導くのが僕たち徒手療法家の宿命です。

ですから、徒手療法家の先生方にお教えするときに、非常に緊張するのです。

しかし、いつも驚嘆と絶賛の嵐。

しかし、僕はいつも教える立場にいたいと思いません。

切磋琢磨したい。

「先生、あの手法は間違っているよ。こうした方がいいよ。」

「きみ、それはすごいね。」

という関係になりたいのです。

みんな、いっしょに、のぼりつめていこう!


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-05-19 00:06 | 日記

大入り満員の日

いやぁー、最近、矯正が楽しい!

今日、僕の稼働率は100パーセントを超えて、昼休みもないような状態でしたが、実に楽しい!

仙腸関節の矯正手法、本当に、アメージングだね!グッ!グッ!グーーーーーです!

何のこっちゃ!?

あと、本当の意味での、矯正の本質が見えたのですよ!

なんでも、簡単です!

円相・沈肩垂肘の意味が、飲み込めたのですよ!

明日は、カイロプラクター向けの講習会です。

どうしようかな。教えチャオかな?

アメージング仙腸関節矯正!

ようやっと、エンジンがかかってきました。こうなると、僕は強いよ!まかせなさい!
では。


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-05-17 00:29 | 日記

仙腸関節:超精密矯正手法:完成

5月11日に、三重県津市川辺町にある、タカオカクリニックで、その院長 落合先生とセッションをしたことは、以前書きました。

実を言うと、その日、結構エポックメーキングな事件があったのです。

それは、仙腸関節の、超精密な検査手法と、その場所の検索法が確定したのです。

これは、どの治療家も、まだ、気づいていないはず。

ほんとに、びっくりくりくりくりっくり・・・な事実を突き止めました。

でも、本当に不思議な関節ですね、仙腸関節。

僕が生み出した、超精密仙腸関節矯正手法でさえ、若干(何ミクロンですが)スイートスポットからずれていたようです。

今回の仙腸関節検索手法では、もう間違いようがありませんし、そのヒト仙腸関節の耳状面(じじょうめん)が、その形状と位置が手に取るようにわかるようになったのです。

すごいよ、この事実・・・・・

ちょっと、興奮しています。

この矯正手法のおかげで、またヒト化プロセスの謎が、もう一段深い角度で解けそうです。

明日からの矯正が楽しみです。

でも、本当に、仙腸関節の耳状面には、まだ解明されていない神経受容器が存在するかも。
この仙腸関節矯正での、身体の変化って、半端じゃないもの・・・・・

えっと、僕は嘘はイワンです。

身体は嘘をつかない!

こうご期待!


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-05-15 21:20 | 腰痛解消

ヒトフィット・津実験

今日、三重県津市川辺町の、タカオカクリニックに、ヒトフィット・津実験に行ってきました。

いやぁー、おもしろかったです。

アポロのメンバーは、僕・浦田と、名駅美人看板娘2人(じる子とゆめ子)の合計3人です。

この看板娘2人が、ヒトフィットトレーナーになり、ヒトフィットをしてきたのですが、まぁー、身体が変わりますね。

看板娘の一人の通称 じる子ちゃんは、身体が硬くって、6ヶ月の時に現れる、足の親指シャブリができません。
座骨神経痛予備軍であると判明・だからO脚になるんですが・・・・

それでも、懸命の努力の末、だいぶ改善されました。

もっと、ヒトフィット!

でもショックなことが・・・・

僕以外、誰もヒトフィットを毎日していなかったと・・・・・

おいおい・・・・・

じる子にゆめ子、明日から、毎日、まじめにやろうぜ・・・・ヒトフィット!


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-05-11 23:34 | 日記

世界初のプロセス矯正 FOA(Fascial Orthotic Approach)

FOA(Fascial Orthotic Approach)とは、
筋膜・靱帯・関節包・神経間膜・骨膜などのコラーゲンを主成分にする部位に対して施術する技術です。

この技術は、

重力対応進化学・筋生理学・神経運動学・運動発達学・バイオレオロジー・生理潤滑理論・バックミンスター フラー博士のシナジー・テンセグリティーなどの学問が基礎理論としてあります。

脊椎動物とは何か・哺乳動物とは何か・ヒトとは何か・ヒトの重力下における運動とは何か・ヒトはどのようにして、4足歩行から直立2足歩行に移行したのか

という大命題に対して演繹的解明の末に生まれた技法がFOA(Fascial Orthotic Approach)です。

これは、東洋医学ではありません。

医学と言うよりも、ヒト科学です。

FOA(Fascial Orthotic Approach)は、ターゲット矯正ではありません。

つまり、腰痛や肩こりといった症状を追うのではなく、腰痛や肩こりにならないからだに育てて治す、世界で唯一無二の技法です。

この、腰痛や肩こりにならないからだに育てて治す方法=プロセスが、ヒト化プロセスです。

新生児・乳幼児の運動発達は、人種や性別を超えてすべて同じ時期に同じ運動を発達させます。

たとえ、どんなヒトであろうとも、その運動発達の発現順位は、すべて同じなのです。

ヒトの重力下における運動を端的に現すならば「重力下で直立で立つ・座る・歩く」です。

腰痛や肩こりに悩むヒトたちは、「立つ・座る・歩く」ができなくなっているのです。

つまり、ヒトの重力下における直立運動障害であると見なせます。

このヒトに、新生児・乳幼児の運動発達を他動で再体験させるとどうなるかという、壮大な実験の果てに生まれたプロセス矯正技法が、FOA(Fascial Orthotic Approach)です。

ヒトは、生まれながらにして、立つ・座る・歩くことがプログラミングされている動物です。

そのプログラムこそ、赤ちゃんの運動発達=ヒト化プロセスです。

いま、腰痛や肩こりに苦しんでいるあなた!

その苦しみは、消えるようにプログラミングされているのです。

そのプログラムこそ、ヒト化プロセスです。

今後、僕が作成しているHPで、この一人でできるヒト化プロセス=ヒトフィットを公開していきます。

これだけで、猫背が治る・腰痛や肩こりが治る・O脚が治ります。

ある程度の痛みなら、わざわざ僕のところに来なくてもよくなります。

営業的には、結構困りますが、公開していきます。

しかも、無料です。

ヒト化プロセスは、人類共通の英知です。誰のものでもありません。

たまたま、僕が気がついただけの話で、僕が独占していいものでも、独占すべきものでもありません。

ですから、洗いざらいすべて、無料無償で公開していきます。

ホームページアドレスは、

http://4156.co.jp
です。

あの、難しいと言われるんですけど。すいません。

僕は難しくなく、僕の子供にもわかるように書いているつもりなんですけど、それができていないのは、僕が無能の証拠ですよね。

すいません。

赤ちゃんの運動発達を、多くのヒトに知ってほしい。

そうすれば、赤ちゃんの存在が、なんとすばらしく、愛おしく、僕たちが全力を挙げて守っていかなければならない存在か理解できます。

赤ちゃんの声なき声・叫びなき叫びを聞き出す方法こそ、赤ちゃんの運動発達=ヒト化プロセスです。

この赤ちゃんの運動発達を、すべての親が理解できれば、この世界から、

幼児虐待

が、なくなることでしょう。

また、腰痛や肩こりに苦しむことがなくなることでしょう。

多くのヒトに届いてほしい英知。赤ちゃんの運動発達=ヒト化プロセス。


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-05-01 22:11 | 腰痛解消

進化は螺旋階梯

進化は螺旋階梯だ。

今年の冬、身辺変化が激しく、体調を崩してしまった。

体調が崩れていても、FOA(Fascial Orthotic Approach)は進化を続け、矯正品質は安定して、進化し続けている。

このギャップ。僕自身の体調に関係なく、世界初のプロセス矯正のその真骨頂が、この進化し続けるFOAなのだ。

さて、この僕を救ってくれたのが、トランスパーソナル心理学と新約聖書なのです。

トランスパーソナル心理学と新約聖書。一見食い違うようでも、この2つは間違いなく同じ方向を示しています。

ここでちょっと注意しておくと、僕は神道を信仰しています。キリスト教ではありません。僕は、貴船神社の崇神者です。

この大宇宙の銀河系の片隅の太陽系。その第3惑星である地球だけが「水」が個体・液体・気体の三体を繰り返し、その水を介して生命が宿り、生命誕生から35億年の時の果てに僕たちヒトが誕生した。

ヒトだけが知性を有し、この大宇宙を探索できる力を得ている。

そして、僕は、この地球の日本という小さな国の、ちょうど真ん中にある愛知県の尾張名古屋=名駅で毎日、腰痛や肩こりで苦しむ人たちが、少しでもその痛みから解放され、安らかでたおやかな夜に包まれて、安息の眠りについてくれていることを願っている。

痛むときは、眠れない。だから、何とか安らかに、そして、一度も痛みで目覚めることがなく、ぐっすりと眠れるように祈りながら、まるで祈るような矯正を毎日行っている。

僕の願いは、そんなに多くはない。僕が看させていただいた方々が、一刻も早く肉体的安定を手にされ、今日から明日へ、35億年前から続く命の連鎖を、つないでいっていただけることだけだ。

僕は、9歳で母と別れた。
僕は、39歳でガンになった。
僕は、今、毎日おむつをして寝ている。便が漏れるからだ。
でも、僕は確信している。
生きること・生き続けることはすばらしい。
無意味な生などどこにもない。

これらすべての事柄は、偶然ではなく、必然である。

それは、神道を信仰する僕は、神がこのような巡り合わせをさせていただいたのだと、確信している。

トランスパーソナル心理学はいう。偶然ではない、必然であると。
そして、ヒトはそれぞれに使命を負っていると。
それは、自分の身の回りの人たちに対して、愛と責任を持つことだと。

僕は、僕の職業である療術師を誇りに思うし、また、数ある療術院のなかで、アポロ ヒーリングセンターにきていただいた方々のために、僕たちの持てる力のすべてを出し尽くして、お役に立てることを神から与えられた使命だと思っている。

僕は、進化の螺旋階梯を少しずつでも上っていこう。

進化は螺旋階段ではない。それは、螺旋の縄ばしごだ。足だけではなく、両手両足を使って、全力で、慎重に上っていかなければならないものだ。
真上から、2次元的に見ると、同じところをぐるぐる回っているように見えるが、横から見ると、少しずつでも上方へ上がっている。そういうものであると信じる。

少しずつ、このはしごを登っていこう。

腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-04-24 23:52 | 日記

再開!熱腸ブログ

えっと、今まで放置プレーを続けてきたこのブログだが、再開することにします。
あのー、コメント・トラックバック不可の方法がわかったからです。

基本、コメントもトラックバックも不可!

我が道を歩け!俺!

で、ほとんどのヒトにはわからないだろうけど、わからないことをわからないで書き続けるのがオレ流-ヒトがわかろうがわかるまいが、そんなのどうでもいいー!-と開き直って、再開することにします。

難しいです。とよく言われます。ほんとうは、そのたびに落ち込みます・・・・・・

僕の頭の中の構造自体が結構複雑で、それでもわかりやすく伝えているつもりなのに、できていないみたいなんですが・・・・・・

しかし、真摯に取り組んでいきますので、ひとつよろしく!


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2008-04-02 10:04 | 日記

振動から共振へー共振波動矯正誕生!

最近、共振に夢中だ。

共振とは外部から振動を与えるとき、固有振動に等しい周波数のとき、大きな振動になる現象だ。

コップを用意する。このコップに水を注ぎ、このコップを揺らす。この揺れの周波数がコップの固有振動数と同調すると、コップの水は大きく波打ち、揺らせば揺らすほどこの波は大きくなる。

すべての物体には、固有振動数があり、この固有振動数に同調すれば共振現象が起こる。
これを矯正に利用できないかと研究した結果突き止めたのが、共振波動矯正だ。

何で思いついたのかというと・・・・
実は僕、3年前にある病気にかかり、開腹手術を受けたのです。
この手術の後遺症が今でも僕を苦しめているのだが、この後遺症は、排便障害となって現れている。

うまく肛門が機能しないのだ。

だから、不意にガスがもれたり、便がもれたりするのだが、よく歩くと肛門の具合がよいのだ。
特に、山歩きの後、調子が良くなる。

これは、振動が身体に良いに違いないと仮説を立てた。

骨盤の固有振動をつきとめてこの振動で腰を動かすと骨盤に付着するすべての筋がゆるむのではと実験してみたのだが、これが予想を大きく上回る実験結果が出たのだ。

股関節変形症で仰向けに寝るとき、左足がまっすぐに伸びない方がいるのだが、この方の骨盤を共振波動させると、左脚全体の筋肉がゆるみ、なんと脚がまっすぐに伸びるのだ。

この結果をふまえて、全身に共振波動を起こさせる矯正手法が完成したのです。


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2007-09-12 16:13 | 腰痛解消

水毒ー夏のむくみ

最近、ランドナーに夢中だ。
ランドナーとは、旅仕様の自転車のことだ。
僕は今まで、このランドナーに乗ったことがない。
ネパールを旅したのはMTB(マウンテンバイク)だし、タイ王国 オーストラリア縦断はMTBにドロップハンドルをつけて旅仕様に改造したものだったし、インドネシアのスマトラ島縦断はスポルティーフという快走車だった。
だから、オーソドックスな旅車には縁がなかった。
最近乗り始めたこのランドナーも、もともとは、妻にオーダーメードで作ってあげたものだ。
しかし、妻がこの自転車に乗る機会は一度もなく、もう13年もたった車なのに、新品ピカピカだ。
それを、ちょっと乗ってみたのだが、もう驚きの連続。
いいですね、ランドナー。

夏になって一番気になるのが、むくみです。
汗をかく分だけ、水分を摂取する機会が増えるのだが、冷たいものばかりとっていると、腸を冷やしてしまいます。
その結果、体がだるい。胃が痛い。食欲がない。手足が冷たいのに、頭がぼーっとするなどの冷えの症状が出てくる。

これは、余剰水分の排出がうまくいかない。汗をかききっていないためにおこるのです。
思いっきり汗をかくようにすると、これらの症状が嘘のように消えます。
また、体がしまってきます。

僕は今、ランドナーで、体の中にたまって澱んだ水を出し切っているところです。

体が軽い。

しかし、熱中症にだけは気をつけましょう。


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2007-08-16 22:12 | 日記

ヒト化プロセスは進化プロセス!?

最近、ある医師とよくおつきあいさせていただいているのだが、その医師とおつきあいさせていただくきっかけとなったキーワードが、このヒト化プロセスという、僕が造った用語だった。

そのときは、ただ単に幼児の運動発達を指す言葉だったのだが、これをその医師は、ヒトの進化プロセスを指す言葉だと断言した。

なぜ、腰痛になるのか。なぜ、腰痛にならなければならないのか。

この答えを、その医師は、ヒトの行き詰まった進化プロセスの突破口のためだと看破した。

僕は、そのとき、「へー」としか思わなかったのだが、最近になって、これは至言である確信するようになった。

まさしく、その通りだ。

僕の造り出したFOAこそ、ヒトの行き詰まった進化を後押しする矯正手法に他ならないし、またそうでなければならない。

そうするためには、より深くFOAを追求する必要がある。

いま、ヒト化プロセスと具体的な矯正部位のすりあわせを行っているところだ。

これが完成すると、より簡単にFOAが習得できるようになる。


腰痛ヘルニアを本気で解消したい方はこちらへ

ヘルニアの痛みに関する解説

名古屋市・愛知県で腰痛ヘルニアに悩む方は

FOAの技術解説・習得希望者の方向けサイト
[PR]
# by gokurakudo66 | 2007-06-29 23:21 | 日記

ブログ再開!

そろそろ、このブログの放置プレイをやめて、再開することにする。

なぜ、半年以上にわたって、更新をしなかったのかというと、更新できなかったからだ。

それはなぜか・・・・・

腰痛肩こりの真の原因が特定でき、また、痛みの原因である筋・関節・神経の矯正手法が標準化でき、その構造体モデルもできあがったのだが、この矯正手法のほとんどすべてが、今までの手法の真反対にあることに愕然とし、それで、そのショックから立ち直るのに、少し時間が掛かってしまったんです。

信じていたあの手法が、実は、まるっきし効力のないものだったという真実にぶつかったとき、どれほどの精神的ショックを受けるのか・・・・・

また、それを知ってしまったがために、すべての矯正治療家にとって異端の存在となることの孤独。

「それでも地球は回る」といったガリレオと同じ境地に立ってしまった、いや、立たされてしまったんです。

大げさに言うと・・・・・

しかし、そろそろ真実を伝えねばならないときが来た。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2007-06-22 15:04 | 日記

健康は呼吸で決まる!

僕たち脊椎動物にとって、生きる上でもっとも重要なことは、息を吸うことだ。
もし、空気がこの世の中からなくなったら、3分から5分後には、すべての人類が死滅しているだろう。
それほど呼吸は大切なのだが、深く呼吸している方がなんと少ないことか。
頑固な肩こりや腰痛に悩まされているほとんどの方が、深く呼吸することができない。深呼吸できなくなっている。
肋骨や骨盤に手を触れて呼吸してもらうと、これらの器官が全然機能していない。動いていないのだ。
呼吸がうまくできないと、身体をしなやかに使うことはできない。逆に言うと、深呼吸がうまくできなくなると、しなやかな身のこなしができなくなり、身体全体が硬くなって、その結果、肩こり・腰痛になる危険性が大だ。
こうならないためにも、深呼吸が必要だ。
両手を高く天に上げて、手のひらで太陽をつかむように、天を高く押し上げるように伸ばし、両脚で大地を踏みしめて、大きく深呼吸しよう。
この、アトラス呼吸を2・3回行うと、身体がすーっと楽になってくるだろう。
常日頃から、深呼吸をする習慣を身につけよう!
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-11-21 16:58 | 腰痛解消

骨盤の解析終了

ようやく骨盤帯の解析を終了することができた。
いままで、腰椎の左側に出現する膨隆がなかなかとれなかったのだが、それが簡単とはいわないが、とれるようになってきた。
真の骨盤帯ジャイロスコープの完成です。
このおかげで、最近の矯正品質はとても安定しています。
しかし、矯正終了後、身体があまりにも変化するので、矯正後いろんなことが身体に起こったりします。
筋肉痛様の痛みが出たり・・・・
でもですね、うちの矯正を受けた方はわかると思うのですが、間違ってもぐいぐい押したり引っ張ったり叩いたりしない、最近はまたもソフト・タッチになってきたのですが、それでも、好転反応がでるのですよ。
これは、通常24時間から72時間の間で治まるのですが・・・・
早くこの状況から向け出すためには、
白湯をよく飲む。冷たいものをやめる。身体を冷やさずに温める。日光によく当たる。
です。
なにか、次のステージに突入しそうです。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-10-13 23:21 | 腰痛解消

健康はしなやかな背骨から

月間チャージの最新号の神足さんの記事に、開高健の記述が出てくる。
「仕事に追われて、背中が鉄板のようになって、60で死ぬ。」
脊柱動物にとって、もっとも大切な器官は脊柱です。脊柱は、脳脊髄を保護するだけではなく、すべての運動の支点ともなる。
僕はよく、生命の座・腸、運動の座・脊柱というのだが、しなやかな脊柱こそ、腰痛や肩こりのない生活を送るためには欠かせないものなのです。
この、しなやかな脊柱を作り出すプロセスこそ、ヒト化プロセスなのです。つまり、幼児の運動発達なのですね。
いままで、脊柱の柔軟性を取り戻させようといろいろやってきたのですが、このヒト化プロセスを考案するまでは、それはもう失敗の連続でした。でも、ヒト化プロセスを施した後に脊柱の矯正をすると、簡単に背骨のこりがとれるのですよ。
しなやかな脊柱、ほんとに大切ですね。
という僕も、今、背骨がこっています。柔らか背骨体操をよくやって寝ましょう。
 
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-10-01 22:38 | 腰痛解消

骨盤帯ジャイロスコープテクニック=完成

骨盤帯ジャイロスコープとは、骨盤帯の重力場での姿勢維持機構のことをいう。
最初にこの機構を提唱したときには、骨盤帯を構成する筋肉群にスポットを当てたのだが、今回、骨盤帯を構成する靱帯について考察を試みた。
この骨盤帯ジャイロスコープに新たな視点が追加されたのは、神経系モビリゼーション・特に座骨神経に対するアプローチを試みるようになってからだ。
座骨神経は、第4腰髄から第3仙髄の椎間孔からでる神経が骨盤内で仙骨神経叢をつくり、それが座骨三角でまた一つになって座骨神経となる。
このとき、仙棘靱帯を通過してくるのだが、この座骨神経の通過障害が起こると、しびれや痛みを伴った下肢痛が起こる。
これを矯正するためには、座骨神経自体を引き伸ばし、神経の柔軟性を取り戻させる事が必要になる。
この矯正を繰り返すうちに、重要なことに気づいたのです。
やはり、仙棘靱帯・仙結節靱帯などの靱帯の緊張がとれない限り、この通過障害は解消できないのです。
やはり、骨盤帯ジャイロスコープと仙骨の重力場での運動性回復以外に、この下肢痛の緩解はないのだと。
で、骨盤帯ジャイロスコープテクニックが完成したのです。
で、この矯正は、新生児の運動発達では、足つかみになるんです。
あの足つかみは、座骨神経を引き伸ばし、骨盤帯の靱帯筋肉群を伸ばしているのですね。
本当に、すべてプログラミングされているのですね。
すごいね。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-09-20 16:05 | 腰痛解消

シグルイ 療術道 再び!

指が、死にそうなぐらい痛いです!
かっ、回旋筋の矯正を、禁断の秘法を、また始めてしまったのです。
やはり、これはとらんといかんとです。
なにをって、回旋筋のCD矯正ですよ。
でも、FOAを始める前までは、この回旋筋矯正、失敗の連続だったのですよ。ホントのとこ。
けれど、ヒト化プロセス終了後にこの回旋筋矯正をしてみたらですよ、なんと、簡単にではないが、ちゃんとCDがとれるでは、あーりませんか!
では、これは、やるしかないのですよ。星君!(伴忠太)BY巨人の星!
ここに、シグルイ療術道の第2膜(幕)が始まるのです。
腰痛や肩こりで苦しむヒトの役に立つなら、なんでもやりますよ、アタシは!
シグルイだ!
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-09-12 23:34 | 日記

操体法と膝かがみ

操体法。仙台の橋本敬三先生が創始された、非常に有名な矯正手法です。
この矯正手法は、今や、大きな広がりを持っていますが。僕は、古式操体とでも呼べる、直系の操体法を受け継いだ・故渡辺栄三に師事いたしました。
渡部先生。いい先生でした。
習い始めて、3ヶ月もしなにのに「君は操体法の真髄を会得した。どこに出しても恥ずかしくないよ」といわれたときは、びっくりするとともに、うれしかったことが、つい、昨日のように思い出せます。
で、この操体で非常に重要視しているのが「膝かがみの圧痛点」です。
この正体が、つい最近までよくわからなかったのですが、ようやっと解明できました。
それは、頸骨神経上にできたCDです。
このCDを解消すると、座骨神経痛様の痛みを感じている方は、瞬間に歩ける、いいえ、走れたりするのです。びっくりです。
座骨神経の矯正手法が決まりそうです。
今、神経に夢中です。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-08-01 14:22 | 腰痛解消

SWATではなく、SAAT。

SWAT(スワット)とは、Special Weapons And Tacticsの略で、アメリカの警察に設置されている特殊部隊「特殊火器戦術部隊」及びそのコンセプトの事(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)です。
このSWATは、一般の警察官では対応できない事件の時に出動されます。この部隊の特徴は、強力な重火器を使用できる能力をただ有しているだけではなく、特殊な戦術を使いこなせることが、最大の特徴なのです。
そうです、戦術。この戦術次第で、結果は大きく左右されるのですね。
で、最近、僕も、これに習って、SAATとFOAのことを呼ぶことにしました!(なんじゃそれ?)
Special Approach And Tactics です。
特殊戦略的矯正手法!うわーっ、かっこいい!
でも、本当にTacticsが必要なのです。矯正を行う際に、この戦略がちゃんとあるかないかで、結果が大きく左右されるのですね。
これが、僕たちの場合、臨床推理の場合、ボディーリーディングと重力対応進化学であり、矯正手法ではヒト化プロセスになるんですね。
脊椎動物の進化法則とその動物の規定物質であるヒドロキシアパタイトとコラーゲンの特性を理解しているから、臨床において迷わないのです。
だから、FOAはただの矯正手法ではないのです。テクニックではないのです。
これが、ほとんどの手技療法と一線を画すところなのですね。
これ、治る治らないのレベルのことをいっていないので、誤解しないように。
何でも治るわけではないから。「うつなら治せんです」
あと、程度にもよりますけど。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-08-01 08:29 | 日記

中心仙腸関節矯正完成!

 最近、FOAの矯正手法が確立化され、ほとんどの技術が熟成され安定していたのだが、ここにきて、なんと、仙腸関節矯正がもう一段ステップアップしたんですよ。
 これには本当に驚きました。もう、仙腸関節矯正はこの方法がマスターピースだろうなと思っていたところに・・・・
 それが、中心仙腸関節矯正だったんですね。
 骨盤の中心は仙骨なのですが、ほとんどの仙腸関節の矯正は、この中心としての仙骨の存在をど忘れしていたんですね。あのー、偉そうにいっていますが、うちも含めてです。
 で、最近矯正しているときに、なんか頭の中で声がするのですよ。「中心!」って。その声が、「中心・中心中心」って大きくなるのですね。
 そんで、骨盤の中心は仙骨!中心がゆがんでいたら、いくら周りを矯正してもゆがんだままだと悟ったのですね。
 えっと、サラーっと読んでくださいね。「とうとう気でも狂ったか」と思わないように。
 で、中心仙腸関節矯正法が誕生したのです。
 これで矯正すると、おもしろいほど変化します。
 いやー、なにが起こるかわからないですね。人間。いつまでたっても成長がとまらない人間って、いったいどんなんでしょう。よっぽど、成長してなかったんでしょう。なんもわかってなかったってこと?ちょっと悲しい。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-07-11 22:03 | 日記

ほ乳類・ヒトの弱点 腹

 ヒトはほ乳類です。ほ乳類の尿は両生類と同じで、尿素を体外に排出するのですが、は虫類と鳥類は尿素ではなく尿酸なんですね。このことから、重力対応進化論からすると、ほ乳類の進化は両生類クラスで止まっているんですね。
 は虫類と鳥類の体構造と、ほ乳類のそれとを比べると、は虫類鳥類にはなくって、ほ乳類にはあるものがあるんですが、なんだと思います?
 それは、腹です。
 は虫類や鳥類には腹はないんです。肋骨が骨盤までズラーと並んでいるんですね。胸の下が尻。これに対して、ほ乳類は肋骨が終わると腰椎と呼ばれる腰骨になって、骨盤になるんです。この腰骨に肋骨はついていません。肋骨突起という突起はありますが、肋骨自体は消失しているんです。これは、横隔膜があるからなんですね。ちなみに、は虫類や鳥類には横隔膜がありません。
 ほ乳類の胸は鳥かごのように内臓を包み、腹は骨一本で支えているんです。
 このような体構造になってしまったため、前屈・側屈・後屈・回旋などの運動ができるようになり、運動性能が飛躍的に伸び、この地球上で大繁殖することに成功したのです。
 たとえば、今、海棲は虫類は亀ぐらいですが、海棲ほ乳類はもうたくさんいますよね。白亜紀やジュラ紀といった恐竜が活躍した世界には、数多くの海棲は虫類がいたんですが、それらのすべてが絶滅したのは、ほ乳類の海への進出が原因でしょう。は虫類は、側屈しかできないため、絶対的なスピードが遅かったのでしょう。これに比べてほ乳類は、ドルフィンキックができますからスピードはでるし、深く潜れるしで、彼らの食べ物をすぐ奪い取ったのでしょう。
 腹があればこそ運動性能が向上したのですが、僕らヒトでは、この腹がネックになるんですよ。
 肋骨が腹からなくなっちゃったから、直立して立つヒトの場合、腹と腰がくっつくんです。
 腸腰筋と腸肋筋がくっついちゃうんです。これで腰が伸びなくなるんですね。これを、カイロプラクティックのSOTでは、クレストサインというんです。
 このクレストサインの取り方が難しかったんですが、簡単にできるようになりました。
 腹と腰を引きはがすと、本当に代謝が向上し、なんと簡単にやせてくるんです。
 これで僕は、たった2週間で3キロもやせちゃいました。
 腰痛が解消して、なんとやせちゃう。いいですね。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-06-29 13:26 | 腰痛解消

畜産に学べ!

 最近畜産関係の資料を読みまくっています。
 療術師と畜産?
 えっと、痛いところって、必ず硬くなっているんですよね。その硬いところを押すとすんごく痛いんです。これが、トリガーポイントなんですが、このトリガーポイントの正体がわからないんですね。
 辻井先生は、筋肉の芯にできた浮腫(むくみ)であろうといわれているのですが、果たしてそうなのか。
 でも、硬いところがトリガーポイント。では、なぜ肉が硬くなるのか。また、肉が硬くなる原因は何なのか。これを知るのに、畜産ですよ。
 肉の柔らかさが価格に一番跳ね返るのが畜産ですから。
 松阪牛と、オーストラリアの国内消費向けの肉の固さを比べると、これはもうお話にならないですね。松阪の辻井先生の懇親会に出席させていただいて食した松阪牛の美味さが忘れられません。また、オーストラリアを自転車で縦断したときに食べた、本当によく食べた、オーストラリア牛の肉の固さ、もう食べたくないです。
 この肉の固さ、いったいなにが違うのか。それはもう結論が出ているのです。コラーゲンの質にあるんです。
 コラーゲンが硬いと肉が硬い。コラーゲンの架橋結合で肉が硬くなるんですね。
 つまり、トリガーポイントは、コラーゲンの架橋結合の結果起こると予測がたつんです。
 で、実験。
 オーケーです。
 やはり、CDでした。コラーゲン・ディスファンクション。コラーゲンの質的変調。これが、トリガーポイントの原因だったのです。
 でも、本当にヒトの身体って、硬いものなのですね。食えませんね。ため息。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-06-22 21:25 | 日記

季節ごとの矯正手法

久しぶりに更新します。
よく、クラインアントの方々から、また方法が変わったの。といわれますが、方法は一つです。
ヒト化プロセス。これだけです。
えっと、春から夏に向けてのヒトの身体と、秋から冬に向けてのヒトの身体って、大きく違うのですよ。
東洋医学とか訳のわからない医療の話ではありません。
コラーゲンの質的変化の話なのです。
秋から冬にかけて、気温はどんどん下がりますね。それに伴って、結合組織の柔軟性が失われ、その結果、関節の離開がしやすくなるのです。ですから、圧倒的にぎっくり腰が多くなる。
うちのスタッフで、ぎっくり腰常習者がいる(いた)のですが、このぎっくり腰は冬ばかりなのです。
これに対して、春から夏に向けて増えてくるのが、いわゆる筋繊維痛症候群。じっとしていてもじーんと痛む痛みなのですよ。これは、僕の持病でもあります。
僕の首が回らなくなるのは、決まって夏なんです。
春から夏にかけて、気温が上がってきますね。そうすると、身体はゆるんで伸長しやすくなります。ですが、この筋繊維に何らかの障害が生じて、伸長を妨げるとどうなるのか。
それは痛みになるのですね。息苦しくなるんです。
で、矯正手法変えているんです。
名付けて、パームテクニック。
ヒトも生き物なら、その人を矯正する手法も生き物なのです。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-06-20 22:53 | 日記

足つかみを軽く見ていました。すまん!

新生児の運動発達を順番に見ていくと、
1,吸啜
2,対称性頚反射
3,ランドー反応
4,足つかみ
5,寝返り
6,腹ばい
7,四つばい
8,高ばい
9,つかまり立ち
10,割座
11,2足方向
という順番なのだが、FOAでは、ランドー反応を最重要視していたのです。
なぜなら、4足歩行から2足歩行への変化は、屈筋優位性から伸筋優位性への完全なる移行があって初めて行われるからです。
そんで足つかみを軽視していたのです。
間違いでした。
足つかみの本当の理由を間違っていたのです。
足つかみとは、仙骨の可動性を向上させ、かつ、多烈筋・最長筋・腸肋筋の伸展だったのです。
これができて、スムーズに屈筋優位性から神筋優位性に移行できるのです。
いやー、ヒトの運動発達は、奥が深いですね。
足つかみ。これはよく利きますよ。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-05-28 21:37 | 腰痛解消

打倒!ティラピス! ボディーワークを考案中!

最近、ヨガやティラピスなどのボディーワークがブームになっているようだ。
「なっているようだ」というのは、我が家にはテレビがなく、1年間でテレビを見る機会が1分もないので世の中何がどうなっているのかもわからないからだ。
また、新聞も日経流通以外読まないので、まるっきり世間に疎い。
そんな僕でも、週に1度は本屋に立ち寄るので、だいたいの世の中の流れがわかる。その限られた情報を元に判断すると、ティラピスというボディーワークが話題のようだ。
なんと、僕の大好きな渡辺まりな様がやっておられるのではないですか。
ちなみに、僕の友達に「おにゃん子クラブ」№6の樹原あきがいるのだが、彼女に土下座して頼んだのが「渡辺まりな様に会わせて!」だった。もちろん答えは「ボケかおんどりゃぁー」だった。
で、買いましたよ。ティラピス!
うん、いいですよ。
新生児の運動発達で、もっとも重要な運動が、ランドー反応と割座なのですが、それもちゃんと入っています。また、足つかみも入っているね。
でも、ヒトがどのようにして4足歩行から2足歩行に移行したのか、その進化の概要がしっかりとしていないと、本当のボディーワークとして機能しないと思うのですよ。
それで、今作っています。究極のボディーワークを!
テーマは、再誕!
母胎回帰から始まって、2足歩行の完成で終わるボディーワーク。物語としても機能するものを。
近々完成予定です。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-05-28 21:13 | 腰痛解消

療術師・神へ走れ!

最近、神様に詣でる機会が多い。

先々週の木曜日にはお伊勢様に詣で、御神札と御社をいただき、そして先週の木曜日は京都の貴船神社に詣で御神札をいただいてきた。

毎朝毎夕、神棚に拝礼していると、その神々が鎮座まします杜の息吹を身近に感じられる。

やはり、神が身近にある生活はすばらしい。

古来より日の本の民である僕たち日本人は、森羅万象すべてに神の息吹を感じることができ、神とともに生活してきたのだ。だからこそ、神は顕現自在なのだ。すべてお見通しなのだ。

肉を持たない神が、この現世でその御威光を顕すためには、ヒトの協力なくしては成り立たない。

「神なきところヒトなし。ヒトなきところまた神なし。」というところか。

本当に、日本人でよかったです。神社詣で、おすすめです。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-05-23 08:18 | 日記

FOA完成

ヒトの運動を極限まで集約すると、二本足で立つ・座る・歩くの3態の運動形式になる。
実際、ヒトの運動発達の順番は正しくこの順序を経る。
FOAは、この立つ・座る・歩くための矯正手法であるのだが、理想的な歩き方が「?」だったのだ。
しかし、この度、歩行解析が終了し、理想歩行が確立した。
歩行解析結果は数多くあるのだが、そのほとんどが統計的解析にしかすぎず、演繹的解析にはほど遠いものであった。
絶対基準である重力の存在が蒸発し、重力下におけるヒトの行動原則を鑑みないためにそうなってしまうのだ。
この歩行解析終了により、FOAは完成された矯正手法となり得た。
また、3つのグレードが構築でき、この矯正手法を習得することが容易にできるようになった。
標準化達成というところか。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-04-24 10:13 | 日記

重力と抗力

地球上で生活するすべての脊椎動物には、重力という目に見えない力が絶えずかかっています。
これは水中で生活する脊椎動物も同様で、地上の6分の1の重力がかかっています。
この重力のベクトルは、等しく地表から地核へと向かっています。
これを最初に発見したのがガリレオで、この法則が自由落下の法則なのですね。
この重力があればこそ、上下が生まれ、その上下を基準に左右が生まれるのです。
ですから、腰痛や肩こりを矯正する場合も、この重力を絶えず念頭に置かねばなりません。
このため、FOAの診断基準も、ベースプレート上でのプロムライン(垂直)検査によっているのです。
カイロプラクティックやオステオパシーなどのモーションパルぺーション(動力学的検査)も、関節の運動障害を診断するのに優れた検査手法ではありますが、重力がどのような影響を体に及ぼしているのかまで判断の基準にしているようではないように見受けられます。
重力と抗力のバランスを鑑みた上での矯正でなければ、うまく結果に結びつかないのです。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-03-27 11:23 | 日記

筋か関節か-2

筋か関節か、答えは関節です。
これは、脊椎動物の特性を考えればより明確となります。
脊椎動物の支持基盤は、ヒドロキシアパタイトを主成分にした骨です。この骨を支持組織にして運動しているのが脊椎動物なのですね。
あれは忘れもしない、僕が中学2年生2学期の始業式の日、学校の校内で自動車事故にあったのです。国語の先生の車にひかれてしまうというとんだ珍事が起こりました。
初めての交通事故。初めての救急車。初めての骨折。
あまり大きなショックが身体に起こると、ヒトって痛みを感じないものなのですね。
車にひかれてはねとばされたとき、痛いという感じはなく、倒れた状態から起きあがろうとしても、不思議に脚に力が入らず、うんうんうなっていたことを思い出します。
立ち上がれないのも無理がないことで、僕の左脛骨は骨折していたのです。ポッキリと。
折ったとたんに動けなくなる。しかも脚全体が。
これは、脊椎動物の特性を僕に身をもって知らしめたでき事でした。
骨が折れたとたんに支持力が無くなり、筋がその力を発揮できなくなるのです。
もし関節に不都合が生じ、骨性の伝達力が著しく損なわれるといったいどうなるのか。
もうおわかりですね。
骨性伝達力!この力こそ、最も重要だったのです。
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-03-16 22:19 | 日記

筋か?関節か?それが問題だ。

身体がゆがむのは、「筋なのか関節なのか」に対する、一応の答えが出た。
またいったい何を書いてんのか、よう分からんと思いますが・・・・

アポロ ヒーリングセンター(店舗の屋号です)で矯正を受けた方はよくおわかりだと思いますが、最初にプロムライン検査という特殊な検査を行います。
この検査によって、クライアントの痛いところが一発で分かるのですが、これは、すべての身体のゆがみは痛みの表現型だからゆがんでいるところ=痛いところなのですね。
では、なぜ、痛むのか。これは、筋が異常興奮する結果なのか、あるいは、巷間いわれている、所謂 関節のずれからくるのか。
この結論がようやっと出たのです。
続く・・・・
[PR]
# by gokurakudo66 | 2006-03-08 14:46 | 日記



遠方のプロの治療家・医師が学びに通う驚異の施術家。他に類を見ない新技術FOAを創始。超人気カリスマ療術師であり、また整膜療法指導者。他で好転できなかった患者様も全国から来院されています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧